全私学新聞

TOP >> 2011年12月3日号二ュース

記事2011年12月3日 2223号 (1面) 
私学振興に大きな功績 堀越克明・堀越学園前理事長逝去
私学助成の根拠法制定等に尽力
12月12日に「お別れの会」

 日本私立中学高等学校連合会の会長を十三期・二十六年間務めるなど、我が国の私学振興に大きな功績を残した学校法人堀越学園の堀越克明・前理事長が十一月十三日、九十二歳で死去した。
 葬儀は近親者のみで既に執り行われている。
 十二月十二日、正午〜午後三時まで、東京・千代田区のホテルニューオータニ「鳳凰の間」で同学園による「お別れの会」が催される。香典・供花等について同学園は「ご辞退したい」との意向。
 堀越先生は、堀越学園を経営する一方、日本私立中学高等学校連合会会長、全国私立学校審議会連合会会長など私学関係の要職を歴任、現在の私学助成の根拠法となっている私立学校振興助成法の制定に大きく貢献した。また環太平洋地域の国々の私立学校の連携組織も創設、我が国に留まらずアジア地域等の私立学校の振興にも尽力された。平成五年には私学振興功労と教育功労により勲三等旭日中綬章を受章している。
記事の著作権はすべて一般社団法人全私学新聞に帰属します。
無断での記事の転載、転用を禁じます。
一般社団法人全私学新聞 〒102-0074 東京都千代田区九段南 2-4-9 第三早川屋ビル4階/TEL 03-3265-7551
Copyright(C) 一般社団法人全私学新聞